Best Skincare

スキンケア商品の役割

シミを予防するなら美白と保湿のスキンケアです

スキンケアでできてしまったシミを消すことは可能です。
日焼けによるしみを防ぐには、美白効果のあるスキンケアでメラニン色素の生成を抑えて予防します。
美白化粧品は予防に使用するもので、できてしまったシミを消すことは難しいです。
できてしまったしみを消すには、クリニックなどで処方される外用薬で可能です。
クリニックで処方される外用薬は、ハイドロキノンなどがあり、使用することで肌のターンオーバーが高まり、メラニンが排出されるようになります。
しみを消すことは難しこともあるため、シミは予防してできないようにすることが重要なポイントです。
紫外線やストレスなどのダメージで肌の奥にメラニンが蓄積している場合が殆どで、この肌の奥にあるメラニンを無くすことが大切で、美白と保湿のケアが必要です。
メラニンの生成を抑える美白コスメでメラニンを抑え、乾燥した肌は紫外線などのダメージを受けやすくなり肌のターンオーバーも滞るため保湿のケアも忘れずに行ないます。

シミ対策のスキンケアはどうする?

シミは吹き出物のように、薬を塗っていればそのうち治るタイプのものではありません。
肌の奥に蓄積された黒色メラニンが表面上に浮き出てきたものです。
スキンケア対策としては、日焼けに注意することが一番の対策なのですが、もう出来てしまったものには無効です。
出来てしまったシミには、美白美容液を使ってスキンケアをしましょう。
美白美容液は、まだ肌の表面に出てきていないものを浮き出て来ないように防ぐタイプの製品と、出て来てしまったものを薄くする働きをするタイプの製品があります。
購入時にカウンセリングを受けて、自分に合った製品を買うようにしましょう。
ただ美白美容液をつけるだけではなく、もっと効果が出る方法があります。
美白美容液をつけた箇所の上に食品用のプラスチック・ラップを小さく切ったものを載せて、美容液を肌に密着させるのです。
このまま朝まで一晩過ごせば、普通に美容液を塗っただけよりも浸透が良くなり、さらに有効となるのです。

Valuable information

2018/6/15 更新